事例紹介 デスクワークに!オフィスでアロマ空間

札幌市のアロマ空間デザイナー 志摩柚生子です。

 

オフィスでアロマ空間を導入いただいている事例のご紹介です^^

 

ご依頼者

男性 事務職(朝から夕方までデスクワークが主)

ビジネスマン

 

アロマディフューザーを自席にセット

事例_アロマ空間

一日のうち、二度 アロマタイムを活用されています。

 

まずは毎朝の出勤時にスイッチをON。

30分~1時間ほど香りを流されています。

朝礼の時に、ふんわり香りがするのが気持ちよいとのことです^^

 

そして集中力が落ち始める15時頃にもスイッチをON。

香りを流して気分を切り替え、夕方の残りの仕事にラストスパートをかけます!

 

香りはオリジナルブレンドをご希望

ヒアリングを行い、フローラル系がお好みということで、ゼラニウムにシトラスを少し加え、温かみを感じるけど、どこかスッキリと落ち着く!というコンセプトで精油を調合しました。

ブレンドイメージ

 

お好きな香りの系統(ウッディ、シトラス、スパイシーなど)をお伺いしたところ、お客様はフローラル系がお好みでした。

ゼラニウム・ラベンダーなどの香りを一緒に嗅ぎながら確かめたところ、ゼラニウムに軍配があがりました!

 

こうして軸となる精油を決めながら、ベルガモット・マンダリンで爽やかさと、ヒノキで落ち着いた雰囲気をプラスして調合いたしました。

 

機器は一番小さなタイプのアロマディフューザーを

アロモアミニ シルバー

 

ACアダプタ以外にUSBでも使えますので、デスクスペースに最適なタイプです。

片手でスルッと持ち運びができるので、ちょっとしたミーティングの際にも移動して香りを流すことが出来ます。

 

調合した香りのその後は

オフィスでのアロマ空間をしばらく楽しんでいただきましたが、香りについて再度ご希望をいただきました。

 

はじめに調合した香りは、フローラルが少し重たく感じることがあるので、もう少し軽めにして欲しいとのこと。

 

機器自体は買い取りしていただいているので、オイルがなくなり次第、次の香りのご相談をいただく…という形を取っています^^

 

ブレンドを依頼するメリットとは?

アロマどっち

 

『アロマオイル』は世の中にたくさんありますが、その方の感覚に合ったものを探し出すのはとても大変なことです。

 

「アロマが好き」と言っても、これだ!と思える香りに出会うことはすごく稀です。

お気に入りの香りだけを集められることって、数年かかります。自分がそうでした。

 

お客様が出来るだけ簡単に、色々出掛けて探し求めなくても、私にお声がけいただければ香りを試し嗅ぎ出来る環境・自分だけに調合した香りのオイルをご提供しております^^

札幌市のアロマ空間演出はフリーライフデザインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です