オリジナルアロマ香水講座~第2回目開催

アロマ講座

札幌市のアロマ空間デザイナー 志摩です。

 

第2回目の内容は『香水のノートで組み合わせを考える』について。

 

『香りのノート』とは、1つの香りの段階を3つに分けたもの。

 

  • トップノート
  • ミドルノート
  • ベースノート(ラストノート)

 

香りの素材である精油は、それぞれ香りの段階が異なります。

 

3つの香りの段階を、人の出会いに例えると分かりやすいです。

 

  • トップノート:第一印象
  • ミドルノート:相手の人柄
  • ベースノート:相手の心の底にある信念のようなもの

 

香水でも精油でも、「柑橘の香りはすぐ消えてしまう」とか、「甘い香りが鼻に残る」といった現象は、この香りの段階=ノートがあるからでした。

 

この、異なる段階の香りを組み合わせて、トップ~ミドル~ベースのバランスを取りながら、ブレンドする方法をお伝えしました。

 

ここで説明している内容って、実はインターネットで調べるとすぐに分かります。

 

アロマブレンドの関連書籍や、香水関連書籍でも、基礎知識として必ず載っている内容です。

 

ですが、読んだだけでは分からない。

実際に嗅いでみて、組み立てて、作ってみることが重要です。

 

精油の情報と、自分が嗅いだ香りの印象を記憶し、何度も繰り返し嗅ぐことで、「この精油はトップだ」「この精油はミドルだ」と、自然と体得していきます。

 

この講座の狙いはここにあります。

 

書籍を買って読んだだけでは終わらせない。

香りを嗅いだ情報も記憶することを重点的に行っています。

 

上記をじっくりとお伝えしたあとの実習は、トップ~ミドル~ベースの精油を使ったブレンドをしました。

 

ミドルノートとベースノートの精油は、私の指定で。

ただし、トップノートは『あなたのお好みで、オレンジかベルガモットを選んでください』としました。

 

オレンジとベルガモットは、同じシトラスの分類ですが、かーなーりー、香りが違います。

 

甘みを持たせるか、苦味を添えるか。

自分はどちらが好きか?

 

これを考慮するだけで、全く違った香りが生まれます。

 

出来上がった香りは、オレンジで作った人、ベルガモットで作った人とで嗅ぎ比べ。

 

皆さんからまた嬉しい感想をいただきました。

  • また新しい香りに出会えて、調香も楽しみになりました
  • 同じシトラス系でも香りが違っていて不思議!
  • ミドルノートで使った香りが好みではなかったけど、ブレンドすると相性が良くてビックリ!

 

新しい香りに出会えること、ブレンドすると新しい香りができること。

これを体験すると、アロマの面白さが開眼します!

 

次回は、香りのタイプごとの調香法についてお伝えします。

札幌市のアロマ空間演出はフリーライフデザインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です