オリジナルアロマ香水講座~第1回目開催

アロマオイルボトル

 

札幌市のアロマ空間デザイナー 志摩です。

生涯学習センターちえりあ講座『あなただけのオリジナル香水作り』が開講を迎えました!

>>講座のご案内記事はこちら
(※現在は募集を終了しています)

 

今回は12名の方にお申込みをいただきました。

 

この講座の目標は、天然素材のアロマオイルを使って、自分の好きな香りを作れるようになることです。

 

初回は、アロマ香水の魅力と、素材となるアロマオイルの選び方について座学を。

後半は実際にアロマオイルを使って香水を作る実習を。

 

スポイトにとったオイルがまた美しい。

アロマオイル

 

 

皆様から、たくさんの感想をいただきました。

  • たくさんの香りを嗅いでみて、面白かった
  • 香水がこんなに簡単に作れるなんてびっくり、アレンジできるのが楽しみ
  • 鼻づまりが取れたような気がしたので、香りを嗅ぐのって良いのかな~!

 

 

講座中にお伝えした、私のちょっとした小話をひとつ。

 

『私がアロマ香水に目覚めたきっかけ』

 

アロマテラピーと出会ったのは、会社員時代に副鼻腔炎を発症したときでした。

 

常に鼻が詰まっていて、頭痛が取れない。

とにかく首から上がぼんやりしていて苦しい!

 

風邪だろう、そのうち治るだろうと思いながらも、押し寄せる頭痛。(詰まりのせい)

いよいよ耳鼻科を受診したところ、有無も言わさぬ鼻カメラ診察。

 

痛い思いをしないように、サササーッと診察してくれたけど、私の鼻は大打撃。

診察後、放心状態で吸入をして帰った記憶しかありません。

 

もう二度と、副鼻腔炎で受診したくない。

そう心に誓い、自己治癒力について調べて出会ったのが、アロマテラピーでした。

 

アロマテラピーは、その名の通り『芳香療法』。

自分が心地よいと感じる香り、かつ、鼻づまりに効用を持つ香りを選び、リラックスしたり、呼吸の通りを良くしたり。

アロマディフューザーで香りを炊き始め、「楽しい!」と感じたあの頃がはじめの一歩でした。

 

始めは単品で使って。

オレンジのみ、ティートリーのみ、など。

 

使い慣れてくるうちに、あることに気がつきます。

 

「もしかして、2種類加えたら香りが変わるのかな?」

 

オレンジとティートリーを一緒にアロマディフューザーに入れてみると…

香りが変わったー!

 

ティートリーの爽快感に、柑橘の甘さが加わると、香りに奥行きが出ることに感動を覚えた瞬間。

 

これが『アロマブレンド』というものだと知りました。

 

香水作りの法則を応用し、天然素材のアロマオイル(厳密にいうと精油)のみを使用して、何万通りもの香りの調合ができるのです。

 

市販の香水が苦手だった私は、香水売り場で悩む時間と引き換えに、自分で香水を作る時間を獲得したのでした。

 

自分の症状の悩みを解消するために出会ったアロマテラピーは、作用や効能を活用して香りを楽しみます。

 

それとはまた違った入り口で、植物同士が持っている香りと香りが調合されたときのイメージを芸術的に操る技術があり、自分だけの香水をいくらでも、好きなだけ組み合わせて楽しむことができます。

 

自分のスタイルに合わせて、香りを数種類作って使い分けることができます。

  • 愛車の香り
  • 仕事の打ち合わせ前に使う香り
  • 友人と出かけるときの香り
  • 眠る前に枕に吹きかける香り
  • 季節のイベントの香り(バレンタインやクリスマスなど)

 

アロマテラピーと香りの創造性を掛け合わせた楽しみ方が皆さんにお伝えできれば幸いです。

 

次回の講座は、香りをブレンドするときの『ノートと系統』について詳しく触れていきます。

札幌市のアロマ空間演出はフリーライフデザインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です