機械油のにおいと記憶

冬の狩人

札幌市のアロマ空間デザイナー 志摩柚生子です。

 

昨年秋に発売された、大沢在昌『冬の狩人』を読み進めています。

 

目に留まったキーワード「機械油のにおい」。

 

これを見て、ふと思い出したのは、前の職場の倉庫のことでした。

 

事務所から廊下を渡り、重たい扉の向こうにタイヤやら、ネジやら、バンパーやらが積まれている場所でした。

 

接着剤のにおい、エンジンオイルか何かの油のにおいが、それぞれの部品に染み付いているのでしょうね。

これを機械油のにおい=前の職場の倉庫のにおい、と私は記憶しているようです。

 

においと記憶、いろいろ思い出させてくれますね~。

床は緑だったなぁ、というところまで(笑)

 

でも、思い出したのは、どんな場所だったか、ということまででした。

「楽しかった!」とか「心がはずむ!」といった気持ちのない場所、特段思い入れのない場所でした。

 

きっと、『機械油のにおい』が無機質なものだからかもしれません。

 

精油の香りがしていたら、楽しい場所になっていたのかも?

 

「あっ、いい香りがする!」と感じると、無意識に笑顔がこぼれたり、ハッとして目の前が明るくなるような感覚になります。

 

 

『良い香り』を感じないと、変化を感じづらいですが…

香りなし

 

『良い香り』があると、メリハリが生まれます!

香りあり

 

 

もちろん『良い香り』とは、心地よいと感じる香りのことです✨

 

 

今思えば、前の職場のその倉庫では、寒い時期に社内パソコンの入替えで、一日中ドカジャンを着て作業をしていました。

あのとき、アロマディフューザーを置いておけば…楽しい記憶になっていたのかも(笑)

 

 

無機質なモノに囲まれた中に、ちょっと香りをひと添え。

 

本日も香りある素敵な一日をお過ごしください🍀🍀

札幌市のアロマ空間演出はフリーライフデザインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です