精油で七草気分

七草

 

札幌市のアロマ空間デザイナー 志摩柚生子です。

すっかり、すっかり忘れていました。

七草がゆを食すことを。

札幌では真冬日が続いており、食材はまとめて買い出ししていたので、スーパーで七草のPOPを見かけることもないまま1月7日を通り過ぎてしまいました。

実家にいた頃は、母のおかげで季節の料理を取り入れられる生活をしていました。

七草がゆも出るし、カボチャ入りのお汁粉も出ます。

その度に「ああ、今日は年が明けてからもう7日なのか」とか「今日は冬至か」など気付いたものでした。

1月7日を過ぎてから思い出した、七草がゆのこと。

精油を使って、ちょっとだけ七草気分を。

七草のうちの一つ、セリと同じ科であるという共通点を持つ
『コリアンダー』精油を少し芳香しました。

 

コリアンダー

名前:コリアンダー
学名:Coriandrum sativum
抽出部位:種子
抽出方法:水蒸気蒸留

中華料理やタイ料理でも香辛料として、甘くてさわやかな香りづけに使われています。

別名は、パクチーです。

パクチー

 

「この香り、なんだと思います? これ、パクチーなんですよ!」と、まだアロマセラピーを仕事にする随分前に、精油のお店で言われた言葉を今でも覚えています。

精油が採れるのは種の部分。
料理に使われているパクチーは、葉の部分が多く見られますね。

個性的なスパイシーさのある甘い香りは、目の前が明るくはじけるような気分になります。
実際に、成分としても抗うつ作用がありますので、お正月気分を抜くのにも、もってこいな香りです。

普段のちょっとした『気分の重さ』を取り払いたいときにも。

 

精油のブレンドでも度々登場します。

嗅いだことのあるようなないような、癖になるような神秘的な香りで重宝しています。

 

ただし、嗅ぎすぎると、ぼ~っとした恍惚状態になることもありますので、ちょっと感じるくらいが良いです。
コリアンダーだけでの長時間使用はお控えください。

札幌市のアロマ空間演出はフリーライフデザインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です