札幌モーターショーに想う香り

札幌市のアロマ空間デザイナー 志摩です。

 

2020年1月17、18、19日に札幌ドームで開催された「札幌モーターショー2020」に行ってきました。

 

2012年の札幌初開催以来なので、およそ8年振り。

(そんなに経っていたのかぁ^^;)

 

大学生の頃に一目惚れをして、今も大好きなフェアレディZは、今年で50周年だそう。

すごいなぁー!

 

エンブレムもキレイに撮れた♪

札幌モーターショー2020フェアレディZ

 

さて、今回モーターショーに参戦したのは、あることを期待していたからでした。

 

あることとは?

 

そう、「香りのブース」があることを期待したのですが…

残念ながら、香りを使った演出をされているブースは見つけられませんでした。

 

東京オートサロンでは、香水ブランド「サムライ」のブースが、カーフレグランスのPRをしていたようで、札幌での出展も期待していましたが…残念!

 

なんでかな?

自分が車を初めて購入した時、真っ先に準備したのは「車の芳香剤」でした。

あと、シュアラスターの固形ワックスも(笑)

 

やっぱり、助手席へ迎え入れる人に「良い香りがするね」と感じてもらいたい。

 

現在は芳香剤を購入することはなくなり、自分がブレンドしたアロマを車で使っています。

 

何度も何度も、パッケージが可愛い市販の車用芳香剤を購入するも、濃厚すぎる匂いに耐え切れず…。

自分で香りを創れるメリットも、ここにありました。

 

 

8年前とは車の趣味も自分の中でかなり変化があり、海外メーカーのブースもじっくり見ました。

 

そこで、「もしもここに良い香りがあったら」と想像してみたのが、ボルボのブース。

札幌モーターショー2020ボルボ

木材を使用したパーテーションが、素敵!

車体ばかり見ていた目に、突然木目が飛び込んできたので、北欧を感じるブース演出に心奪われました。

 

さらに、ここにアロマの香りがあったら。

北欧を感じる香りで、鼻からも癒しを感じてもらえたら。

 

演出に使用している木目を引き立たせたいので、木を感じる香りを選びたい。

 

ウッディ調の香りのアロマもたくさんあります。

 

ヒノキ

パイン

サイプレス

サンダルウッド

ヒバ

……

 

日本産のヒノキを使うと「海外メーカー」である線を引けないかもしれません。

 

それなら、ヒノキ科と同じ特徴を持つ海外産の「シダーウッド・ヴァージニア」を使う演出も良さそうです。

シダーウッド

 

または「日本ユーザー歓迎」の意を込めて、あえて日本産のヒノキを使うと喜ばれそうです。

 

シダーウッド・ヴァージニアとグレープフルーツを1:9か、2:8でブレンドすると、すっきりとリフレッシュできる森林浴の香りになります。

 

柑橘系の中でもグレープフルーツを選んだのは、みずみずしさと果皮の色が、スウェーデン国旗のカラーにマッチするイメージからです。

グレープフルーツ

 

現車コーナーと、商談コーナーの切り分けに香りを感じると、リラックスして冷静に商談が出来そうです。

 

こういったイベントでじっくりと車を見られるのは良いですね。

今まで気が付かなった装備に気づきます。

 

ボルボのステッカーや、可愛いフラッグ。

札幌モーターショー2020ボルボ

札幌モーターショー2020ボルボ

 

スズキ・ハスラーコンセプトのピラーをよ~く見ると…「HUSTLER」のロゴが。

札幌モーターショー2020ハスラー

 

 

2代目NSXを間近で見られたのは初めて。

札幌モーターショー2020NSX

 

 

「歓びの走りを」。素敵なキャッチコピー✨

札幌モーターショー2020

 

LC500のグリルに目を奪われました。

実物は、もっとすごい流線型をしています。

札幌モーターショー2020LC500

 

次回のモーターショーは、素敵な香りを感じられる演出があったら嬉しいな。

札幌市のアロマ空間演出はフリーライフデザインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です