夢が叶った「写真展でアロマ空間演出」

札幌市のアロマ空間デザイナー志摩です。

いつか、感性を刺すような
芸術的な空間で香りを演出したい。

香りで人を魅了する取り組みをしたい。

心の奥で常々思っていたこと。

それが、なんと!
こんなにも、早く!
想いが形になろうとは。

プロカメラマンの小森学さんと3名の写真家による
写真展『portrait -2nd frame-』

小森学portrait

アロマの香りによる

演出を取り入れくれました。

始まりは、
お互いの作品づくりの会話から。

写真が作品になるまでの工程……
アロマがブレンドされるまでの工程……

ジャンルも手法も全く違えど
通づるものがある。

私のアロマ空間デザインに
共感してくれた小森さん。

作品への思いを
視覚以外にも感じる手法として
香りが使えるのではないか?

ということで、善は急げ!

写真展の開催日が迫るなか、
緊急香りミーティング。

宮越屋で香りミーティング

「伏見の宮越屋で」
と言っても、3軒もある山麓地区。

感情の高ぶりから、
頂上まで登ってきてしまった(笑)

 

見晴らしバツグンの空間で
アロマブレンド談義。

香りミーティング2

メイン作品のモデルさんを想いながら
何度も香りをテイスティングする。

やっと辿り着いた香りは、
作品のイメージとぴったり!

完成した香りを準備して
いざ、写真展へ仕込みへ。

『香る写真』は、初めての試み。

香らせる素材や道具は
ゼロから試案して、やってみる。
まるでプロジェクトX。

トライアル・アンド・エラーを重ね、
ギャラリー×写真×香りの空間が完成。

茶廊法邑

 

……なんということでしょう!!

目には見えないはずなのに

香りを感じるだけで
「キラキラ」している。

(もちろん、写真展自体がキラキラしている!)

空間が澄んでいて、
離れがたい感じ。

心落ち着けて、
その場ですっと立っていられる空気。

香りがあると、
こんな感じに見えている。
(志摩ビジョン)

茶廊法邑2

 

お客様からは嬉しいお言葉。

「何か香りがする気がする」
「華やかな感じがする」

そして、
アロマ空間デザインの目的としての
効果が如実に表れたことも。

☆滞在時間の増加

☆滞在時の体験を記憶に残すこと

これはすごいことだ。

 

恐れ多くも、

撮影の小森さんと

モデルの後藤さんと記念撮影!

小森さん後藤さんと記念撮影

※作品には、ぼかしを入れています

 

写真展は、明日12/11から
いよいよ後半戦へ。

小森さんの作品と、

香りのある空間を
ぜひ現地でご体感ください!


日程 : 12月4日(水)~15日(日)
(9.10日は定休日)
場所 : cafe&gallery茶廊法邑
札幌市東区本町1条1丁目8-27
時間 : 10:00~18:00
(最終日のみ17時まで)

札幌市のアロマ空間演出はフリーライフデザインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です